ansokukou’s blog

安息香のブログです

初心者ダーツプレーヤー、Bフライトになる。

ダーツを始めた頃の話です。

言いたいことは前の記事とだいたい同じです。

スプラトゥーン上達講座 - ansokukou’s blog

ダーツをちゃんと始めたのは2016年の7月です。

この頃は、やるたびに少しずつ上達していくのが目に見えるのが楽しくて、

投げ放題の店で週4日くらいダーツを投げていました。

ほとんどは、カウントアップでBull練習でした。

 

その頃のカードデータだと、

f:id:ansokukou:20180408202208p:plain

 

となっています。

 

特に7月8月はBull練習ばかりでした。

クリケットナンバーの練習やアラウンド・ザ・クロックなどをしても良いと思います。

どちらにしても、重要なのは「密度」と「思考」かと思います。

 

「密度」の点では、あまり日数を開けないと良いですね。

あまり開きすぎてしまうと、感覚を取り戻すのに結構な時間がかかってしまいます。

最悪の場合、別の感覚でプレイする、ってことになってしまいます。

週4日でプレイできたこの時期はそういうのが少なくて良かったと思います。

 

「思考」の点では、

今の1本は良かったのか、悪かったのか?

どこが良かったのか、どこが悪かったのか?

考えながら、できればメモを取りながらやると良いと思います。

悪いのは、たくさん投げればよいという思考になってしまって、

1本1本に集中しないことだと思います。

 

「密度」を先に書きましたけど、

「思考」が伴っていないと、何本投げても良くならないと思います。

むしろ、適当に投げる癖がついてしまい、上達はないです。

 

「密度」を保つ時間が取れない場合でも、

ちゃんと考えながら投げて、その感覚を覚えている(又はメモする)ようにしていれば、

着実に上達するものだと思います。

 

とはいっても、ここまでは「2,3ヶ月でCフライトからBフライトに上がりました。」というだけの話ですので、それ以降の話もまた今度しようと思います。

 

以上、「思考」が大切だよ、という話でした。

モニター4枚目としての液タブの挙動について+液タブ評価(PD1560、Artist15.6)

液晶タブレットを買いました。

 

夏くらいからたまにお絵かきをしていて、

板タブを使っていたんですが、

液タブを使ってみたくって、買ってしまいました!

 

今回買ったのは、GAOMONというメーカーの15.6inchモデル(PD1560)。
http://www.gaomon.net/product/PD/PD1560/

 

実は、12月に別のメーカーの液タブを買っていますが、

うまく動かなかったため返品しています。

そちらはXP-Penというメーカーの15.6inchモデル(Artist15.6)。
http://www.xp-pen.jp/goods/show/id/229.html

 

どうして動かなかったのか?

正確なことはわかりませんが、

「モニター4枚構成」に原因があるのではないか?

というのが、今思うところです。

 

私のPCはモニター3枚構成です。

液タブが加わると4枚。こんな配置になります。

f:id:ansokukou:20180129235018p:plain

ディスプレイ設定でこの配置をそのまま再現すると、

PD1560もArtist15.6も、正常動作しません。

 

また、こんな配置もうまくいきませんでした。

f:id:ansokukou:20180129235411p:plain

1/4は、ミラーリングです。

 

いろいろな配置を試してみたところ、

高さ方向の配置に秘訣がありそうだと今は思っています。

このような構成では正常動作しています。

f:id:ansokukou:20180129235137p:plain

 

Artist15.6のときにはここまでいろいろ試していなかったですが、

サポートの対応にすごく疑問があった(個人の感想です)ので、

返品して正解だったと思っています。

 

モニター4枚目としての液タブで、

液タブが正常動作せずに困っている人向けの記事でした。

 


一応、ここから下に、

2つの液タブの簡単(かつ個人的)な評価を。

 

GAOMON PD1560 (4万円くらい)

 ◎ 角度をつけるアームが付属している
 ◎ 色がきれい(sRGBにしたら、メインモニターとほぼ同じ色になりました)
 △ ペンが充電式
 × 保護フィルムが付属しているけど、大きいからきれいに張るのは難しい
 × コードが短い

 

XP-Pen Artist15.6 (3.8万円くらい)

 〇 ペンは充電不要
 〇 コードは余裕のある長さ
 〇 薄いし軽い
 × 色がかなり悪い
 × 角度をつけるアームは別売り(5000円くらいする)
 × 画面が異常にザラザラ。ペン先がすぐになくなるらしい

 

液タブって、ペン先とカーソルにズレがあるんでしょ?

と思いがちですが、

板タブを使っている人は、カーソルを見ながら描くことに慣れているので、

すぐに慣れることができると思います。(自分はすぐでした)

 

板タブよりも明らかに直感的に描くことができ、

作業効率は爆上げ必至ですので、買ってよかったと思いました。

 

WACOM製品は板タブでしか使っていないのですが、

中華液タブでも特に違和感はないので、中華液タブ、買いですね。

任天堂特許とコロプラ特許を読んで雑感

任天堂特許(特許3734820号、訂正2016-390074)と、
コロプラ特許(特許5815143号)を読んだので、
雑感をバラバラと。
(初心者が個人の雑感を垂れ流してるだけなので、間違ってても知りません。)


実際は、任天堂は計5件でまとめて訴えているらしいので、
結末はまだ全然ワカラナイですね。

訴訟は、技術だけじゃなくて、証拠とか進め方とか心証とかも影響しますので。

 


任天堂特許に関して


  出願日が2004年。とても早い。
  これを新規性、進歩性の無効理由で潰すのは難しいんじゃないか?


  クレーム1の記載に無駄が見つからない。
  言葉1つ1つを吟味して使っているのを感じさせる。
  製品だけではなく、技術をちゃんと見て概念として捉えている。


  訂正審判でそのクレーム1を訂正して、コロプラ絶対殺すクレームに仕立て上げている。コロプラへの不満の大きさを感じる。


  訂正審判で、ここまでするのかっていうくらい減縮してる。
  タッチパネル以外のポインティングデバイスを放棄して、方向のみと距離のみの場合も放棄して、・・・。
  任天堂は本当に怒ってる。

 

  明細書は、出願時期が古いので、ちょっと古くさい感じがするけど、
  この出願は大切な出願なんだ、という意思・魂を感じる。

 


コロプラ特許に関して

 

  出願日は2015年。かなり最近。
  この頃に任天堂に何か言われて慌てて出したのだろうか?
  自社のアプリで新規性無しなんて落ちにならないと良いが・・・?


  クレーム1にツッコミどころが散見される。例えば下記①②
  ①「所定の」
      クレームからは何のことか分からない。明細書の説明は意味不明。
  ②「前記所定の位置からの引っ張りが解除され」
      その前に出てくる「前記弾性オブジェクトを前記初期タッチ位置から
      所定の位置に引っ張られるように引き伸ばして変形し、」という
      文章を受けての文章だが、解除される「引っ張り」なんてものが

      存在していない。
      (「引っ張り」はしておらず、「引き伸ばし」しかしていない。)


  図面がゲーム画面そのまんま。何らかの理由で焦っていたのか?

 

まぁ、こんなところですかね。

 

 

コロプラに関しては、
400万で知財の分かる弁護士を探しているようですし、

任天堂とのやり取りに際してまともな担当者がいなかったという話も目にしましたし、
任天堂と関係があって出願したのであれば重要な出願なはずなのに、こんな内容ですし、
知財軽視が見えますね。

 

 

コロプラ特許だけでなく、任天堂特許も早期審査対象でした。
ゲーム業界は早期審査が常套なんでしょうかね?
普通に考えたらそんなことしないんですけど・・・?

 


コロプラ特許の効果の記載は、「より趣向性の高いタイミングゲームを提供することができる」となっていますが、
ここまで技術とかけ離れた記載でもいいんですね。
人為的取決として発明性を否定されるのがちょっと怖くなっちゃいます。

 

 

コロプラって名前は初めて聞きましたが、

2社の動向がこれから楽しみですね!

スプラトゥーン上達講座

こんばんわ。

 

ダーツをはじめて約1年2ヶ月です。

はじめてすぐの頃は、週4くらいでダーツを投げてました。

 

どうすればもっと入るのか(Bullに)、

色々調べて、

試行錯誤したし、

単純に投げる量も多かったです。

初心者だったので、どんどんうまくなりました。

 

色々な気づきが毎回あったから、メモも沢山とってました。

最近でもとりわけ書くべきことや気づいたことがあれば書いています。

f:id:ansokukou:20170901183328j:plain

大切なことは、考えることですね。

今日は良かった!→どこが良かった?→どういうふうに良かった?→どうしてよかった?→・・・

今日は悪かった!→どこが原因?→解決策はどんなのがある?→どれが良くなりそう?

 

ちゃんと考えてると、「本当か?」と思うことや、

「実は分かっていない」と思うことが結構出てきます。

 

考えてると、そういうことを調べるようになってくるんですよね。

調べることで選択肢を得る。

後は投げる。試す。

 

ダーツの投げ方(フォーム)って人それぞれで、

単一の一般的な正解って、多分ないんだと思います。

自分にとってのベストアンサーを見つけるのに必死です。

だからこそ考えないといけない。

 

 

こういうのを客観的には努力って言うんだと思います。

その努力を出来る人は早かれ遅かれ上達すると信じています。

 

努力できるだけの興味を持てるか、そこがスタートだし、

興味を維持できるか、それがゴールってことです。

 

最近やる気をなくしつつあるスプラトゥーン2を含め、

何事もそうなんじゃないかな、っていう一般的なありふれたお話でした。

 

最後に、先日、初めてTON80が出たので、写真を撮りました。

(普段狙わないので、これもクリケットで出ました)

f:id:ansokukou:20170901184840j:plain

お絵かきの話

こんばんわ。

 

最近、ようやく絵を描き始めました。

 

やっぱり難しいですね。

 

アナログ向けの教本を買って、読みながらスケブにデッサンを少ししました。

 

でも、やりたいこととかけ離れすぎているので、

教本をとりあえず読んでしまって、主旨をまとめて終わりにしました。

 

デジタル絵で、模写と自作絵を繰り返していこうかと思ってます。

(ホントはデッサンもしたほうが良いのは分かってます)

 

自作絵が、なかなか進まないですね。

アタリを書いて、ラフを書いて、、、「バランスがおかし過ぎでは?」

みたいなカンジになって、結局「もう修正しようがない!」みたいになって、

没にして模写に戻る、ってのを繰り返してしまっています。

 

完成させたほうが良いと言うのはわかりますけど、

完成に至れないレベルってことですね。

 

身体の作りの理解が甘すぎるって思うので、

エロマンガの裸のシーンを真面目な顔して観察して写してます。

この方法は、理解が凄く進んでるので、少しやっていこうかなと思います。

 

身体全体の理解、

顔の理解、

各部の理解、

みたいな段階で進みたいなって考えています。

 

とはいえ、オリジナルも書きたいので、

やはり、没になろうと描き始めることはしようかなって!

 

 

自分の悪い性格なんですが、

早期にそれなりの結果を求めてしまう性格なので、

「一朝一夕ではない」

「ちょっとずつは進んでいる」

「描いてて楽しいんだからOK」

とか言い聞かせながら一日を終えています。

 

いつまで続くのか分からないですけど、

完成したらTwitterとかPixivとかに投稿したいですね。

下手くそだろうと、そういうのも面白いんだと思います。

使っている筆記具を紹介します

こんばんわ。

資格試験の予備校に通っていたときは、久しぶりに学生気分になったもので、

筆記具もそれなりにこだわっていました。

 

筆箱の中は、

・黒ボールペン 3本  ・シャープペンシル

・3色ボールペン  ・マーカー 7色

・サインペン 3色  ・定規 2つ  ・消しゴム

ってカンジでした。

 

今回は、中でもオススメの文具を紹介します。

 

 

1.黒ボールペン

論文試験があると、黒ボールペンは必須ですよね。

1時間以上書き続ける、なんてことを考えると、疲労とかまで考えたいところ。

 

オススメはこの2本

・ドクターグリップ(筆記具 | ドクターグリップシリーズ | 製品情報 | PILOT

ジェットストリーム アルファゲルグリップ(ジェットストリーム アルファゲルグリップ | ジェットストリーム アルファゲルグリップ | JETSTREAM 単色 | 油性ボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社

f:id:ansokukou:20170811232044j:plain

有名所ですね。

 

どちらも非常に書きやすい形・重さをしていますが、

ペンを強く握ってしまう人には、ジェットストリームのグリップは柔らかすぎて、

グイグイ握って疲れてしまうかもしれませんね。

 

でも、ジェットストリームのインクは非常に滑らかで、スイスイ書けるので、

一度味わってみてほしいです。

 

その点では、ドクターグリップは劣る印象がありますけど、

芯を変えてあげることで、書き味はかなり向上しました。

f:id:ansokukou:20170811232458j:plain

 

この芯、PILOTの比較的高いボールペン用の芯なのですが、形は適応しています。

こちらのインクのほうが滑らかだし、色も黒くて良かったです。

でも、替芯なのに350円くらいするのはちょっと高いですね。

 

 

2.マーカー

f:id:ansokukou:20170811233129j:plain

色んな色で塗り分けるような使い方をする人で、

かつ、定規で線を引く、って人におすすめなのが、

・蛍coat シリーズ(蛍coat | 株式会社 トンボ鉛筆) です。

 

定規を汚さないので、定規を介して他の色のマーカーに色が移らなく、

いつもきれいな色で塗ることができます。

 

先細の方は使わないって人には、蛍coat80っていう安いシリーズもあります。

 

色については、

「あか」が少しくすんだ色味なので、「あか」は別のものを使っています。

「だいだいいろ」よりも「やまぶきいろ」の方が、キレイなオレンジです。

「あお」はかなり濃いので、使うなら「そらいろ」がいいかもしれませんが、

自分は、

・MILD LINER(ZEBRA | ゼブラ株式会社 | マイルドライナー

の「ブルー」を使っています。

 

定規の汚れが気にならない人なら、MILD LINERシリーズはおすすめです。

引いた後の文章がすごく読みやすいです。

ただ、入っているインクの量が少ないので、頻繁に使う人は要注意です。

たぶん、自分は「ブルー」を月2本くらいのペースで消費していました……。

 

一方で、「定規は汚れてもいいし、色味もどうでもいい」っていう人には、

後で修正できるという点で、

フリクションライト(Study|ラインナップ|こすると消えるフリクション | PILOT - パイロット

をおすすめします。

色んな色を並行して使っていると、塗り間違えることもよくあるので。

 

ただし、色が汚いので要注意です。

個人的には、受け入れられない色でした。

 

 

3.定規

定規は、マーカーを塗るときには、

角を取ってある部分をテキスト側にして(つまり裏返しにして)使うと、

引いたマーカーの色がテキストに尾を引いてしまうのを防げるのでオススメです。

f:id:ansokukou:20170811235621j:plain

おすすめは、

・はし0メモリ定規(はし0(ゼロ)メモリ定規:先生オススメ!! :株式会社レイメイ藤井

これの良いところは、「薄さ」です。

他の定規よりも遥かにペナペナしているので、

本の閉じてある側の端などの曲がっている場所に線を引く場合でも、

定規が本に合わせて曲がってくれるので、線が引きやすいです。

 

もう一つのミスドの定規は、

昔々、ポイントカードを10点分集めて貰った手帳に付いていたものでしょう。

実家で発掘して、レギュラー入りしています。

 

 

色々紹介してきましたけど、いかがでしょうか?

自分が色々買ってみて、良かったものを挙げてみたってところです。

ボールペンは、100円クラスから、5000円くらいまで、何種類か試しましたし、

マーカーも、5種類くらい試しました。

 

こんな一見くだらなそうな分野ですが、

「こんな機能が欲しい」「この機能を優先する」といった思想をもって改めて文具コーナーに行ってみると、

各社・各製品、考えてモノヅクリをしているんだなと、改めて感じると思うので、

自分にとって便利な文具を求めて、文具コーナーに足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

とか言っておくと、締まってよいですね。

以上です。

 

(余談)

シャープペンシルは、長年使っている相棒くんです。

同じ物で5代目くらいですかね?

f:id:ansokukou:20170812002024j:plain

製品紹介(Products):製図用シャープペンシル | STAEDTLER Japan website!

八月のシンデレラナイン②

前回の八月のシンデレラナインの記事では、キャラクターについて書けなかったので、

今回はキャラ中心に書きます。

というか、好きなキャラ紹介をして終わりです。

ではまた次回。

 

まずはメインヒロイン?

女子野球部を設立して、甲子園を目指して頑張っています。

「有原 翼」(遊撃手)

f:id:ansokukou:20170709232127p:plain

モバゲーの「シンデレラナイン」ってゲームにも「有原」って居たから、関係者あるかも?

 

メンバーは合計34人居て、それぞれがメインポジション(◎)とサブポジション(○、△)を持っています。

全員、別カードで投手もあります。

f:id:ansokukou:20170709233243p:plain

サブポジションが3つ4つある子が殆どなので、

ポジション被りも怖くありません!

 

推せるなぁって子を、守備位置順に。

 

① 鈴木和香(捕手) CV.緑川優美

f:id:ansokukou:20170714180439p:plain

冷静な分析屋さんかと思いきや、結構内心でパニクってることも。

野球の知識は多いようで、落ち着いている時はカッコ可愛い。

断トツ可愛い。激推しです。

 

② 椎名 ゆかり(捕手) CV.船戸ゆり絵

f:id:ansokukou:20170714181427p:plain

このカードの印象とは違って人懐っこいカンジ。

この子も野球経験者。熱い気持ちを持ってて良いです。

 

③近藤 咲(捕手) CV.山岡ゆり

f:id:ansokukou:20170714183053p:plain

おさげかわいい。そしてCVも大変好み。

見た目によらずパワーがすごいので、うちでは4番打者ですw

キャッチャー枠はかわいさ大混戦なのです。

 

④野崎夕姫(一塁手) CV.南 早紀

f:id:ansokukou:20170714183341p:plain

おっぱいちゃん。おっぱいの通りおっとり。

でも芯はもってるので、やるときはかなりやるのがカッコイイ。

 

⑤天草琴音(一塁手) CV.奥野香耶

f:id:ansokukou:20170714183612p:plain

芸術系の不思議ちゃん。趣味も写生、模写。

きれいなアーチを描きたいらしいが、パワーはそんなに無い。

 

⑥河北智恵(二塁手) CV.井上ほの花

f:id:ansokukou:20170714183725p:plain

有原翼の幼馴染。チームの良心。

あんまり上達が早くないようで悩んでいる模様。

黒髪って良いな!

 

⑦阿佐田あおい(二塁手) CV.立花理香

f:id:ansokukou:20170714183929p:plain

にゃんこ。気まぐれというか適当というか、ノリで生きてるカンジw

決め球「にゃんこボール」が強いらしい。

※左の人も女性(選手)です。

 

⑧初瀬麻里安(三塁手) CV.八島さらら

f:id:ansokukou:20170714184151p:plain

努力屋さん。初心者だけど、色んな人から吸収してうまくなろうとしてるのがカッコイイ。見習いたい。

 

⑨永井加奈子(中堅手) CV.永野愛

f:id:ansokukou:20170714184254p:plain

カロリー消費さん。太りやすい体質らしいが、見た目はそんなこと無い。

「カロリー消費~♪」と言いながらガンガン打っていくアベレージヒッター。

個人的に、南ことり感を感じている。

 

⑩宇喜多茜(右翼手) CV.花守ゆみり

f:id:ansokukou:20170714184504p:plain

かわいい。チーム内でもマスコット扱い。

主人公を何故かお兄ちゃんと呼んでくる。

 

倉敷舞子(右翼手) CV.遠藤ゆりか

f:id:ansokukou:20170714184614p:plain

このカードからは分からないけど、強気な一匹狼タイプ。

見た目が好み。らん◯1/2とか言わない。

まだSRだから背景がないカードなのです。

 

⑫逢坂ここ(右翼手) CV.高木美佑

f:id:ansokukou:20170714184724p:plain

矢澤にこ感というか、ルイズ感というか。

自信家で、自分を目立つ華のある存在と思ってる。可愛いから良し。