ansokukou’s blog

安息香のブログです

スタリラ初心者へ

こんばんわ。安息香です。

 

今回は、
少女歌劇レヴュースタァライト -Re LIVE-(以下、スタリラ)の
序盤にすべきことについて記事を書いていきます。

これからスタリラを始める人or始めたばかり(始めて2,3日以内くらい)の人が読むことを想定しています。攻略って程の内容ではないかもです。

自分が大切だと思う、以下のことについて少しずつ書いてゆきます。

①リセマラ

②育成順序

③スキルパネル

④お店

⑤その他

全然関係ないですが、VSレヴューで戦う相手のことを、
「敵」ではなく「敵役」と呼んでいるのがなんか良いなと思いました。

 

①リセマラ

どのくらい頑張ったらいいのか?
できれば☆4舞台少女が2枚欲しいです。

ただ、推しキャラがいて、その子が絶対に欲しいって人は、
☆4or☆3の推し+☆4をもう1枚と考えると非常に長い時間がかかるでしょうから、
適度なところで諦めが肝心です。

☆4舞台少女が2枚いれば、現在公開されているメインストーリー(6章まで)はそんなに苦労することなくクリアすることができます。

なお、強さだけでいうと、おすすめは、
 ☆4天堂真矢(☆4唯一の盾役で非常に堅い)
 ☆4鶴姫やちよ(夢属性(FGOでいうバーサーカー)の後衛)
 ☆4星見純那(ACTパワーが高い。通常攻撃に全体攻撃がある)
ですね。

余談ですが、通常は前衛から順に攻撃されていくため、
中衛・後衛はクライマックスACT(FGOでいう宝具)で初めてダメージを受けるケースが多いのですが、
敵役の中衛・後衛に回避が付与されていると折角のクライマックスACTでダメージが通りません。
その前に全体攻撃で回避を消化させておけるので、全体攻撃は非常に優秀です。

さらに余談ですが、うちの推しの胡蝶静羽も☆4は強いほうだと思います(プッシュ)。


②育成順序

レアリティの高い子を優先して育てましょう。
リセマラで手に入れた☆4からで良いと思います。

全体を均一に育てても、敵役のクライマックスACTで一掃されることになるので、
柱となる子を育てるべきです。


③スキルパネル

レベルも重要ですが、スキルパネルが非常に重要です。
各パネルの開放によりステータスが上昇するだけでなく、
RANKアップする時に全ステータスがかなり上昇します。
(レベルは、どうせすぐにMAXになります)

ストーリーを進めつつ必要なピースを集めて、
柱となる子のスキルパネルを開放していきましょう。


④お店

スキルパネルを開放するのに必要なピースを取り扱っています。
ピースはコインで買うことができるのですが、
コインは、レベル上げ、スキルパネル開放、才能開花、メモワール強化など
色々なところで多量に使うので不足しがちです。

かといって、ここでピースを買うのと買わないのとでは、
ピースを集めるために使うスタミナで差が出てきます。

プレイスタイルによりスタミナとコインのバランスは違うと思いますが、
自分の場合は必要そうなピースは積極的に買っています。

RANKが上がるほどレアリティの高いピースを求められますが、
ストーリーが進むに連れてお店の商品のレアリティも上がっていくので、
重複になりますが、スキルパネルを開放しながらストーリーを進めましょう。


⑤その他

必要なピースがストーリーのどのステージで落ちるのかわからない。
という人が居ればなんですが、
ピースのアイコンをタップすれば落ちるステージの一覧が表示されます。

f:id:ansokukou:20181101205934j:plain


通常攻撃で全体攻撃ができない場合は、
敵役の中衛・後衛はクライマックスACTで最初にダメージを受ける、
といった概要の話を上述しました。
通常攻撃で全体攻撃できる子がいない場合、
全体攻撃のクライマックスACTを持っている子に必中を付与させると
ダメージを与えられるので効果的です。

f:id:ansokukou:20181101204739j:plain


ユニット編成は、5人まで並べられますが、
コストが余ってるからといって弱い子を並べても、
攻撃の質が落ちるだけなので、厳選したほうが良いです。(特にVSレヴュー)
普段の戦闘では、経験値や絆pt目当てで並べておいてもいいと思います。

ハードダーツとソフトダーツ、区別していますか?

こんばんは。安息香です。
今日はダーツの話です。


ダーツには「ハードダーツ」ソフトダーツの2種類があることは、
ダーツをやっている人の中では周知のことだと思います。


今回は、その2つをちゃんと区別してマイダーツを選んでますか?という話です。
CフライトやBフライトで、バレルやシャフト、フライトをあまりに頻繁に変えてしまう人向けでしょうかね。


そもそもその2つはどんな違いがあるのか?というところから話していきます。
とはいえ本題ではないので、できるだけ簡潔に。


一番の違いはボードです。
ハードダーツは麻の板、
ソフトダーツは穴のたくさん空いたプラの板です。


この違いに起因して、
ハードダーツでは、ボードに刺さる際の侵入角が残った状態でダーツが刺さりますし、
ソフトダーツでは、ボードに対して垂直にダーツが刺さります(チップが曲がっていなければ)。


ハードダーツでは、その刺さっている角度を利用することで次のダーツは前のダーツを味方にすることができます。
なので、次のダーツを前のダーツと同じような場所に刺すことが比較的容易にできます。
ハードダーツのプレーヤーはこれを念頭に置いてダーツ選びをしているそうです。
味方になってくれやすいダーツ、味方になってくれやすいダーツの飛行姿勢、そいういうものを求めています。


ソフトダーツでは、刺さっているダーツは垂直なので、狙って味方にすることは比較的難しいです。
なので、次のダーツは自分の力だけでターゲットに刺さらなければなりません。
ソフトダーツでは、狙ったところに正確に投げられるダーツ、正確に投げられる飛行姿勢、また、前のダーツに当たり負けしない勢い、当たり負けしない重心、などがより求められています。


つまり、ハードダーツとソフトダーツは別のスポーツです。
道具選びも変わって然るべきです。

 

さてここからが(短いですが)本題です。

「世界(ハード)のトッププレーヤーのバレルはストレートばかりだから自分もストレートにする。」
「ストレートの方がスタッキングで有利だからストレートにする。」
なんて話をよく聞きますが、
ソフトダーツのプレーヤーが「それだけを理由に」ストレートに変えるのは、果たして正しいのでしょうか?
他のパーツでも同じです。


また、どういうバレルがよいかという記事をブログ等で読んだとしても、
その記事は、ハードとソフトを区別していますか?それともダーツ全般ですか?


日本のプロの殆どがトルピードのバレルを使用しているのは、それがソフトダーツで有利だと彼らが感じているからです。
世界(ハード)のプロの殆どがストレートのバレルを使用しているのは、それがハードダーツで有利だと彼らが感じているからです。
それだけでも、というかこれが一番、説明としてしっくり来るんじゃないでしょうか?


もちろん、ソフトダーツでストレートを使用することを否定しているわけではありません。
自分の中での一番がストレートならば、ストレートを使うべきだと思います。
日本のトッププレーヤーにもストレートを使っている人がいますしね!


言いたかったのは、別のスポーツなのに、そこだけを参考にして道具を選ぶのは、
気をつけたほうが良いですよ、考えたほうがいいですよ、ということです。


ただ、似ている面もたくさんあるはずなので、参考になることもたくさんあると思います。

 

ハードダーツの話をとても詳しく書いてくださっている超有名なブログがありますので、是非そちらで学んでみてください。

ドリー・ファンク・ラブ : スティールダーツ考察シリーズ まとめ - livedoor Blog(ブログ)

ソフトとの違いに驚くことも多いでしょうし、考える良いきっかけになると思います。

 

重複になりますが、以下結論。

ハードダーツとソフトダーツは別のスポーツです。

その2つをちゃんと区別してマイダーツを選んでますか?

とはいえ、自分の中での一番がストレートならば、ストレートを使うべき。

 

 

誰かのTipsになりますように。

だいたい2話まで見たゾ

こんばんわ。安息香です。

 

自分が腐るのが先か、暇が腐るのが先か、

ってくらい暇なので、いろいろアニメを見てます。

最近レヴュースタァライトを見てまして、面白いですね~。

 

自分の先見の明の無さを後で笑うためにも、

見たアニメの評価と一言二言くらいコメントを書いておこうかと。

 

だいたいのアニメは2話まで見ました。

(SAO、禁書、アニマエール、妹じゃない、SPYCEは1話まで)

dアニメとプライムビデオで見てるので視聴タイミングは遅いです。

 

以下、個人の見解です。(同★内は順不同)

★★★★(見る)
色づく世界の明日から
  →雰囲気が良い。展開が気になる。作画もいいし女の子もかわいい。

★★★(たぶん見る)
転生したらスライムだった件
  →変なご都合感が逆に面白い。どこに着地するのか気になる。

寄宿学校のジュリエット
  →可愛い子がこれからたくさん出てくるってわかってるのでこの位置。
   コミックも好き。ほぼニセコイ

★★(保留)
SAOアリシゼーション
  →まだ面白くない。どうせ面白くなるんだろうけど。
   ペドはあんまり好みじゃないんだ。ごめんな。

禁書目録III
  →禁書は話が難しい。

ゴブリンスレイヤー
  →神官ちゃんが可愛い。あと受付の子も。
   面白くなりそうな雰囲気は感じるが、胸糞悪い展開っぽいので審議中。

グリッドマン
  →ヒロインと悪役の子がすげーかわいい。ロボは興味ないのでこの位置。

RELEASE THE SPYCE
  →この変な雰囲気は嫌いじゃないが、面白くならなそう。

★(たぶん見ない)
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない
  →女の子が可愛いアニメなはずなのに、作画がすでに可愛くない。

ひもてはうす
  →劣化てさ部。

ソラとウミのアイダ
  →もうなんかいろいろすごい。

アニマエール
  →ネタが面白くない。  

(評価対象外)
やがて君になる
  →最the高。

 

単なる感想であって、特定の個人や団体を攻撃するものじゃないです。

 

(2018/10/18追記)
1作忘れていたので。

★★★(たぶん見る)
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
  →SF(少し不思議)なのか?でも女の子がみんな可愛いのですごい。
   俺ガイルの雰囲気を感じる。

8月のシンデレラナインを始めよう〈ハチナイが向いている人とは?〉

こんにちは。安息香でございます。

今回は8月のシンデレラナイン(略称=ハチナイ)についてです。

 

ハチナイ。知ってますか?

アニメ化も決まっているスマホゲームです。

https://hachinai.com/

パ・リーグとのコラボも始まりましたね。

4人の女の子が高校で女子野球部を立ち上げ、部員を集めながら甲子園を目指す話です。

 

総勢30人の女の子がいて、一人ひとり得意な守備位置が違ったり、能力が違ったりします。

f:id:ansokukou:20180912225320j:plain

(30人の一覧はこちらでも見られます https://hachinai.com/character/

キャラデザは普通っぽい子が多いですが、イラストは可愛いものが多いです。

私の推しは、野崎夕姫と鈴木和香です。次点で逢坂ここ。

f:id:ansokukou:20180912231444j:plain f:id:ansokukou:20180912231523j:plain f:id:ansokukou:20180912231525j:plain 

他にも人気そうなキャラの画像を。

f:id:ansokukou:20180912231548j:plain f:id:ansokukou:20180912231552j:plain f:id:ansokukou:20180912231544j:plain 

f:id:ansokukou:20180912231540j:plain f:id:ansokukou:20180912231536j:plain

性格も引っ込み思案からガツガツいくタイプまでいるし、仲良し関係があってコミュニケーションもほほえましいです。

f:id:ansokukou:20180912225706p:plain f:id:ansokukou:20180912225710p:plain f:id:ansokukou:20180912225712p:plain f:id:ansokukou:20180912225717p:plain

(他の相関はこちらでも見られます https://hachinai.com/combination/

 

 

ゲームの内容としては、

 ①デレ戦(シンデレラマッチ、つまり試合。いろいろなデレ戦が用意されている)

 ②デレスト(シンデレラストーリー。パワプロで言うサクセスのような長編ストーリー。)

の2種類があります。

 f:id:ansokukou:20180912230924j:plain f:id:ansokukou:20180912230928j:plain

期間限定イベントのデレ戦がどんどん出てくるのでスタミナの使い道に困ることはないですし、デレストもだんだん増えていっているので運営の頑張りが見えます。

 

カードにはN、R、SR、SSRのレアリティがあり、覚醒(レアリティUP)を進めていくと、NもSSRまで成長していきます。

(とは言っても、元々SSRのカードとNからSSRに成長させたカードでは能力に大きな差があります。)

カードの持っている育成できるステータスとしては、

基本的なステータスである、レアリティ、レベル、ミート、パワー、走力、守備力以外に、

①スキル、②才能、③ポテンシャルがあります。

f:id:ansokukou:20180912232824j:plain f:id:ansokukou:20180912232828j:plain

レベルとレアリティは、素材が簡単に手に入るので手間は大きくないです。

 

①スキルは、デレストで取得することができます。

SSR選手の取得できるスキルには、そのデレストを非常に効率よく進め、かつ運がよくなければ取得できないもの(高難度スキル)があり、時間がかかってしまうのが難点です。SR選手のスキルやSSR選手の他のスキルは、簡単に取得できるのでさほど時間はかかりません。

 

②才能は、デレストなどで得られる素材で育成できます。

SSR選手の才能をMaxにするには結構な量の素材が必要なので、デレストの周回は避けられません。時間があるときに周回しておいて、SSRを引いた時に備えておくのが良いんだと思います。

 

③ポテンシャルは、育成のための素材を得るのがかなり難しいです。

ポテンシャルMaxにするための素材を手に入れられるチャンスはほとんどないので、あまり気にしないでいいです。

 

ガチャ(スカウト)でのSSR率は3%と高いので、無課金でもスタメンの半分がSSRなんて状況にもすぐになりますが、そのSSR選手の全スキル取得才能Maxに時間がかかります。

ある程度やりこんでいくと、全スキル取得と才能Maxは「人権」ですので、取得が必須になってきます。つまりデレストをたくさんプレイする必要があります。時間がかかります。

 

廃課金プレーヤー

同じカード2枚目から6枚目は、そのカードのミート、パワー、走力、守備力の向上に当てられます。廃課金プレーヤーのスタメンは、この重ねてある数が段違いなんだと思います。

おそらく、ランキングマッチ(ユーザーマッチ)上位に入るようなプレーヤーのスタメンは4枚、5枚と重ねてあるんだと思います。

 

ここまで長々と書いてきましたが、私が思うに、

ハチナイに向いている人は、

 ①時間もお金も使ってガッツリのめり込むソシャゲを探している人。

 ②平日はあんまりプレイできないけど、休日には少し多めにできる人or空き時間が比較的多い人(高難度スキルを取得できる人)。

の2パターンだと思います(基本的には時間のある人)。

 

ログイン+αくらいで、弱くてもマイペースにプレイできる人。もいいと思います。 

美少女モノの野球ゲームを探している人。ってのもありますけど。

 

 

キズナアイとコラボをしてみたり、パ・リーグとコラボをしてみたりしているし、どんどん機能も追加されているので、ちゃんと頑張ってるんだなぁと感心しています。

1年イラストを描いてみて雑感

こんばんわ。今回はイラストの話です。

 

昨年の8月の終わりくらいから描き始めたので、イラスト描き歴約1年となります。

お絵かきをする習慣がないどころか、お絵かきは小学生の図工の時間以来と言っていいくらいしていません。ですからイラストのレベルもお察しですし、むしろ苦手意識がすんごいです。

 

描き始めは、以前、アイマスMAD(動画)を作っていたときに「絵が描けたら幅が広がるのになぁ」と思っていたことが主な発端ですね。もう動画作ってませんけど。

 

一念発起して一年。

結果から言うと、

①絵を描く習慣は微妙に身についた。

②絵はあまり上手くなっていない。

ってカンジです。

初期のイラスト

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=64778146

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=64887529

最近のイラスト

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=69952712

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=69696626

 

①絵を描く習慣は微妙に身についた。

 

毎日少しでも描くようにしようと思いながら、実際には週に3日くらい描くような生活をしていたと思います。いろんな本を買って読んだりもしました。

「こういう構図が描きたいな」とか「昨日は描いてなかったな」とか思うようなことが増えたように思います。

ただ、目に見えて上手くなるには到底描き足りないですね。とはいえ、進歩はしていると思っています。

 

②絵はあまり上手くなっていない。

 

こっちは大きな問題ですね。

絵を描くということに対する目的や動機が変なため、漠然と絵を描いている状態になってしまっていました。

絵を描くように生まれてきた人たちとは違うし、蓄積もないので、『前回比で何を上達したいのか』を明確にしていかないといけないのです。

これに関しては、以前行っていた動画作成にしても、ここ数年ハマっているダーツにしても、改善点や目的の明確化は行えていたので、イラストでも行えるはずです。

以前の自分のブログからですが、動画制作の立場から似たようなことを言っていますね。

ansokukou.blog62.fc2.com

 

 

追記的に

自分特有の(?)上達しない理由となる悪い点は、本やWebで描き方を学んでも、実際に描くときにはそこに立ち返らずに、描き進めてしまうことが多いことです。

資料を参考にするのが当然なはずなのに、自分は何と戦っているのか??

 

 

以上、誰かの何かのTipsになりますように。

初心者ダーツプレーヤー、Bフライトになる。

ダーツを始めた頃の話です。

言いたいことは前の記事とだいたい同じです。

スプラトゥーン上達講座 - ansokukou’s blog

ダーツをちゃんと始めたのは2016年の7月です。

この頃は、やるたびに少しずつ上達していくのが目に見えるのが楽しくて、

投げ放題の店で週4日くらいダーツを投げていました。

ほとんどは、カウントアップでBull練習でした。

 

その頃のカードデータだと、

f:id:ansokukou:20180408202208p:plain

 

となっています。

 

特に7月8月はBull練習ばかりでした。

クリケットナンバーの練習やアラウンド・ザ・クロックなどをしても良いと思います。

どちらにしても、重要なのは「密度」と「思考」かと思います。

 

「密度」の点では、あまり日数を開けないと良いですね。

あまり開きすぎてしまうと、感覚を取り戻すのに結構な時間がかかってしまいます。

最悪の場合、別の感覚でプレイする、ってことになってしまいます。

週4日でプレイできたこの時期はそういうのが少なくて良かったと思います。

 

「思考」の点では、

今の1本は良かったのか、悪かったのか?

どこが良かったのか、どこが悪かったのか?

考えながら、できればメモを取りながらやると良いと思います。

悪いのは、たくさん投げればよいという思考になってしまって、

1本1本に集中しないことだと思います。

 

「密度」を先に書きましたけど、

「思考」が伴っていないと、何本投げても良くならないと思います。

むしろ、適当に投げる癖がついてしまい、上達はないです。

 

「密度」を保つ時間が取れない場合でも、

ちゃんと考えながら投げて、その感覚を覚えている(又はメモする)ようにしていれば、

着実に上達するものだと思います。

 

とはいっても、ここまでは「2,3ヶ月でCフライトからBフライトに上がりました。」というだけの話ですので、それ以降の話もまた今度しようと思います。

 

以上、「思考」が大切だよ、という話でした。

モニター4枚目としての液タブの挙動について+液タブ評価(PD1560、Artist15.6)

液晶タブレットを買いました。

 

夏くらいからたまにお絵かきをしていて、

板タブを使っていたんですが、

液タブを使ってみたくって、買ってしまいました!

 

今回買ったのは、GAOMONというメーカーの15.6inchモデル(PD1560)。
http://www.gaomon.net/product/PD/PD1560/

 

実は、12月に別のメーカーの液タブを買っていますが、

うまく動かなかったため返品しています。

そちらはXP-Penというメーカーの15.6inchモデル(Artist15.6)。
http://www.xp-pen.jp/goods/show/id/229.html

 

どうして動かなかったのか?

正確なことはわかりませんが、

「モニター4枚構成」に原因があるのではないか?

というのが、今思うところです。

 

私のPCはモニター3枚構成です。

液タブが加わると4枚。こんな配置になります。

f:id:ansokukou:20180129235018p:plain

ディスプレイ設定でこの配置をそのまま再現すると、

PD1560もArtist15.6も、正常動作しません。

 

また、こんな配置もうまくいきませんでした。

f:id:ansokukou:20180129235411p:plain

1/4は、ミラーリングです。

 

いろいろな配置を試してみたところ、

高さ方向の配置に秘訣がありそうだと今は思っています。

このような構成では正常動作しています。

f:id:ansokukou:20180129235137p:plain

 

Artist15.6のときにはここまでいろいろ試していなかったですが、

サポートの対応にすごく疑問があった(個人の感想です)ので、

返品して正解だったと思っています。

 

モニター4枚目としての液タブで、

液タブが正常動作せずに困っている人向けの記事でした。

 


一応、ここから下に、

2つの液タブの簡単(かつ個人的)な評価を。

 

GAOMON PD1560 (4万円くらい)

 ◎ 角度をつけるアームが付属している
 ◎ 色がきれい(sRGBにしたら、メインモニターとほぼ同じ色になりました)
 △ ペンが充電式
 × 保護フィルムが付属しているけど、大きいからきれいに張るのは難しい
 × コードが短い

 

XP-Pen Artist15.6 (3.8万円くらい)

 〇 ペンは充電不要
 〇 コードは余裕のある長さ
 〇 薄いし軽い
 × 色がかなり悪い
 × 角度をつけるアームは別売り(5000円くらいする)
 × 画面が異常にザラザラ。ペン先がすぐになくなるらしい

 

液タブって、ペン先とカーソルにズレがあるんでしょ?

と思いがちですが、

板タブを使っている人は、カーソルを見ながら描くことに慣れているので、

すぐに慣れることができると思います。(自分はすぐでした)

 

板タブよりも明らかに直感的に描くことができ、

作業効率は爆上げ必至ですので、買ってよかったと思いました。

 

WACOM製品は板タブでしか使っていないのですが、

中華液タブでも特に違和感はないので、中華液タブ、買いですね。